シェアオフィスは新しい企業ほどよい

シェアオフィスというのは昔は弁護士などを筆頭に士業の人たちなどが小さなスペースでよいから、ということでオフィスフロアを使いたいことがあるので、利用されていたオフィスの活用法になります。それぞれの占有スペースがあり共有スペースもあるのでそれに分けて家賃を支払うということになります。全く関係のない業種であったりすることがありますし、当然周りの子たちは知らない人ばかりということもあります。

 

さすがにそれなりに交流はあるでしょうが、先輩後輩で固めているというところもあります。そのほうが信用できるからです。シェアオフィスは多種多様な業種の方がオフィスフロアを共有して使用することが多いですから、そこから新しい出会いやネットワークが広がっていくということがありますのである意味では新しい企業ほど様々な人脈を作るということに関してメリットがあるオフィスを確保する仕方であるということでしょう。家賃的にもお得です。